妊活中にお酒は辞めるべき?

妊活をしようと考えている女性でも、お酒の好きな人は当然いると思いますが、その場合にはお酒は辞めた方がいいのでしょうか。ここでは妊活中の飲酒の是非について、お話していきたいと思います。

妊活中の飲酒が妊活にどう影響を与えるかについては、研究者によって見解が異なりますし、確証のある調査結果は現在のところないそうです。

 

とは言うもののあるアメリカの学会委員会では、女性がアルコールを1日2杯飲みますと、不妊の確率が60%もアップするという調査結果はあるとのことです。しかし一方で、妊活中のアルコール摂取と妊娠率には因果関係はないとする報告もありますので、妊活中の飲酒は絶対に良くないと言い切れる、科学的根拠は存在しないと言われています。但し妊娠がわかった時点で、飲酒は辞めた方がいいということは定説と言ってもよいので、そこから考えますと、妊活中から飲酒は控えた方が、より健康的に確実に妊活が出来るのは間違いないでしょう。妊娠がわかるのは、妊娠後40日を過ぎてからという事情からも、飲酒は辞めないとしても飲む量を減らした方がいいのは確かです。

 

アルコールの摂取は、一説には卵子の質を低下させてしまう危険性があるとも言われています。アルコール類は体内に入ると異物と見なされ、胃腸から肝臓に送られて分解される過程で、大量に発生する活性酸素が、妊活に影響を与えてしまうのではないかという分析が、その説の根拠です。活性酸素は本来は体内で細菌やウイルスを退治する働きをするものですから、元から体に悪いものというわけではないのですが、飲酒によって発生した過度の活性酸素は、健康な細胞まで攻撃して酸化させてしまう場合があり、細胞に酸化ストレスがかかって、不妊につながる恐れもあるとされています。体内には本来、活性酸素が健康な細胞を酸化させないようにする機能が備わっていますが、過剰な活性酸素の発生により、体内のバランスが崩れてしまうということです。

 

また排卵の過程でも活性酸素は発生し、排卵や卵子の成熟を促しますが、体調の不測の変化で活性酸素が発生してしまいますと、卵細胞のみの活性酸素を防御する機能が不全になってしまい、酸化ストレスによって卵子の質が低下してしまうというわけなのです。但し飲酒を我慢しすぎたストレスで、大量の活性酸素が発生する場合もありますので、ある程度お酒の飲める人は、活性酸素を制御する働きをするポリフェノールを含む赤ワインを嗜む程度に飲む等、飲み方を工夫することが肝心です。